南京玉簾

つれづれ日記。本・舞台・ゲームとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そしてすっかり

違和感もなく、一応全キャラエンドまで見た私が居ます。 >ソルフェージュ
先輩よりは、後輩が可愛いなぁ。織歌可愛いよ織歌。とか思ってたら、まり姉さまにやられました。
まり姉さま可愛いよまり姉さま。

ギャラリー見る限り、PC版の攻略可能キャラ仁関しては、まだ見てないエンディングがあるように思えますが、とりあえずの感想を。

・両想いのラブラブモードは、おっさんにはちょっときつい(苦笑)
・すくね様のシナリオは構成上無理があるきがする。メインストーリーご都合主義的な部分はあってもいいと思うのですが、それに絡む情報が(多分)欠落しているのでなんか納得できない部分を感じる。
・新曲のshining 好きなんですが、すくね様と織歌に同じ曲を歌わせる意味合いが無いのが残念。せっかくならストーリーに活かせて欲しかった。
・キャラ個別ルートに入る前の各種選択肢と決定されるキャラにいまいち関連性を感じない。私が気づいてないだけ?
・織歌が可愛い。ぎゅっと抱きしめたくなる。
・まり姉さまが可愛い。ぎゅっと抱きつきたくなる。
・すくね様(ちあキング)の台詞はあずささんとして使えないが、まり姉さま(ミンゴス)の台詞は千早として活用できるかもしれない。しかもそれなりの破壊力がある。
・新曲の未羽(仁後さん)の曲は破壊力がある。だれかやよいで作るべき。

コンプリートまでやれば、シナリオに関する不満点に関しては私が悪かったですとなる可能性はありますが。システム周りは一通り機能はそろっているんですが、なんかいまいち使いにくかった。ミュージックパートがシナリオを繰り返す分には面倒ですね。シンフォニックレイン(PC)だとスキップできたような記憶があるんだけど。記憶違いかな。

人に、やってみろー とプッシュするとこまではいきませんが、興味があるならやってみても良いんじゃない? って感じでしょうか。

まぁ、織歌とまり姉さまは良いです。
スポンサーサイト
ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<好きなニコマス(2008) | HOME | ソルフェージュ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。