南京玉簾

つれづれ日記。本・舞台・ゲームとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サマーウォーズ

 サマーウォーズ観てきました。おジャ魔女で細田さん演出の話を観て以来、ファンになってしまったので今回も気合入れて初日に。でも映画の日で1000円だった。ラッキー?

 率直な感想を言うと、『期待通り。でも期待を超えるものじゃなかった。』でしょうか。でも、結構期待して観に行っただけに『期待通り』っていう結果はたいしたものだとはおもいます。前回、時かけを観に行ったときは、ワンピースがいまいちだっただけに、『ひょっとして、30分程度までの作品で輝く人なのかしら』と危惧しながらだったので、あっさり期待を超えてくれましたが。

 以下、ネタばれも含まれるため、格納します。


 正直、今回『期待通り』でとどまった原因は、話の構成でした。2時間弱の話なので、何回か山場があるのですが、私的には、ラストの山場よりもそのひとつ前の方が感情の高まりが大きかったために、なんか醒めてしまった感があります。いやぁ、ラスト前の山場で『席揺れたんじゃない?』ってぐらい号泣したたから。。。。(涙もろいのは自分でもわかってますが。) 時かけの時は、ラストがやはり一番感情的に高まったので、そのままエンディングで「ほわー」と思ったわけですが、今回はなんか「ありゃ」って気持ちがよぎったのも事実です。
 でもまぁ、全体を見ればよいできだとおもうし、じゃぁ最後の山場を削ってしまえばよかったかと言うとそんな訳でもなく、それよりもうまい展開が思いつくかといわれると何も浮かばないわけですが。
なので、私としては『うーん、惜しい』とおもってしまうわけですよ。

 あと今回は、時かけのように登場人物に感情移入はしなかった(しにくい)と思います。強いて言うなら主人公の健二が近いけど。登場人物が多く、個々の人物を掘り下げていないのが原因ではないかと。ただし、それがマイナスかって言うと違う気がします。掘り下げてはいないものの、各人個性は感じられバラバラな行動をしていても説得力があって人として違和感がない。ある意味、普通(多少濃いですが)。であるだけに、観てる私としては『登場人物の誰か』になっているというより、『自分もそこにいる』という感じがしました。だからこそ、花札バトルで感極まってしまったわけですが。そういうことで、私はこれはこれでよかったのではないかと思います。個人の魅力はさほどないですが、集団(家族)としてはいいなぁと思います。

 にしても、今回は私のツボ突きまくりの小物が。オープニングで、「小惑星探査機あらわし」って出てきて、『ハヤブサかよっ! えっ、じゃぁ舞台は来年?』とか、信州上田で、「真田かよ!」とか、車がRX-7(FD)だったり。。。まぁ、一番のツボは、ヒロイン夏希のOZ(仮想区間)でのアバターでしたが。やばい、好みにどストライク。

 全体的に見て、突っ込みどころは多々あるものの、話の根幹に関する部分はそれなりに説明つきそうで(トンデモ技術とか必要そうだけど)見ていて、「まっいいか。気にしない」とか思いました。そして、『この「気にしない」って思えるって大切だよね』とか、あらためて感じました。

 とりあえず、BD発売になったら間違いなく買うでしょう。映像が云々という作品ではないと思いますが、でもあの密度を考えるとやっぱりBDだよなぁ。あと、しばらくロングランしそうなら、もう一回ぐらい観に行くかもしれません。

スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<アイドルマスター2 | HOME | 誕生日記念動画09>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

管理人の承認後に表示されます…
2012-11-18 Sun 15:51
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。